生活


2階、3階にサービスステーションがあり、24時間体制で見守ります。

利用できる部屋は4人部屋と個室、トイレ付きの特別室があります。

広くてゆったりとした食堂があります。

お風呂も歩いては入れる歩浴、車いすで入る機械浴、個別の浴槽に機械で入るものがあります。

使用するトイレの動作方法、移動補助具(車いすや歩行器等)、介助方法、処置の仕方など

様々な職種が協同して、ひとり一人に合ったサービスを提供できるようにしています。

浴室

日常風景

お食事


食べることこそ一番重要!体を作るうえでも心の栄養としても食事は日々の生活の中で重要なポジションを占めています。

そのため提供している食事には美味しく安全に食べていただけるようメニューなど工夫しています。

季節ごと、行事ごとに食事もイベントとして握りずしや弁当など楽しんでいただけるよう力を入れています。

また、柔らかい物しか食べられない方にも美味しく食べていただける様に食事形態も胃ろう、ミキサー食、ソフト食、一口大サイズのおかず、

刻みのおかずなど、多様に用意しています。

イベント食

おやつレクリエーション

リハビリテーション


理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などリハビリ専門職による個別リハビリテーションを行っています。

関節が硬くならないよう関節可動域訓練や歩行訓練、階段昇降訓練やトイレ動作の練習など日常生活に必要な動作の再獲得を目指しご利用者の

身体機能と目標に合わせて訓練を行います。

自宅へ帰られる場合は専門職がご自宅の家屋調査に伺い、これによってより目的に沿ったリハビリが可能となっています。

通所リハビリテーションをご利用の方も入所される方と同様にご自身の目標やご自宅の環境に合わせた訓練内容で行っています。

最新のパワーリハビリ機器や歩行用リフトなどを導入しています。

リハビリスタッフ

理学療法士 2人
作業療法士 3人
言語聴覚士 1人
リハ助手 1人

2021年10月現在

パワーリハビリ

リハビリ風景&リハビリ機器

行事


ボランティアや職員によるレクリエーションやショー、生け花などを行っています。

コロナ禍の現在はボランティアのイベントは中止となり、職員によるレクリエーションや作品作り、感染対策を行いながらのカラオケ等を行っています。

季節の行事も行っています。七夕には皆で七夕飾りを、冬至にはゆず風呂、クリスマスにはクリスマスツリーに飾り付け等楽しんでいます。